マルアイ Online Shopは、マルアイ製品の一部をセレクトしたショップです

知っておきたいふくさのマナー

「ふくさ」の基本を知ろう

結婚式やお葬式で、ポケットやバッグからむきだしの金封を取り出し渡していませんか?
金封はふくさに包んで持参するのがマナーです。
ふくさは、相手に渡す金封を汚さず、角が折れないようにとの配慮から使われるもの。元々、茶道具のひとつだった布が、江戸時代末期、贈答に使われ始めたのが由来です。
その頃はちょうど、さまざまな礼儀作法が庶民の間に広まった時代。
ふくさも、冠婚葬祭のマナーとしておさえるのはもちろん、昔から日本人が大切にしてきた“心の贈り合い”の作法であることを、覚えておきたいものです。

まずは「ふくさ」の色選び

ふくさにもさまざまな素材がありますが、多くの人が迷ってしまうのが、慶事と弔事の使い分けではないでしょうか。
慶事と弔事では、それぞれ使えるふくさの色が異なります。
分かりやすくまとめると、「慶事は暖色系、弔事は寒色系」。
赤やピンク、ベージュなどはお祝いの席に、青や緑、紺などはお悔やみの席に。
昔は高貴な色とされた紫やグレーは、慶弔どちらもOKなので便利です。

次に、「ふくさ」の包み方をマスター

慶事と弔事では、それぞれ包み方も違います。
知ってはいるものの、自信がない…そんな人に覚えておいてほしいのが、「包み始めは、慶事が左から、弔事が右から」のルール。
たたんだ状態から開くと、慶事の場合は右開きに、弔事の場合は左開きになるようにします。

慶事の場合は左から

弔事の場合は右から

渡すときは左手にふくさを乗せ、右手で開いて金封を取り出し、ふくさを軽くたたみます。
たたんだふくさは受付台に置くか、手に持ったまま台のようにして金封を上に乗せ、相手からみて金封が正面になる方向に持ち変えてから、両手を添えて差しだします。
バッグやポケットから直接金封を取り出したり、金封を購入したときの包装袋から取り出したりするのはNGなので気を付けて!

⇒次のページでは、ふくさのバリエーションをご紹介します。

ページトップへ戻る