株式会社マルアイ   Stationery & Paper Products

のし袋の使い方

ホーム > のし袋の使い方 > 会葬-1(仏式)

会葬-1(仏式)

表書きを御霊前にすると仏式、神式、キリスト教式に用いることができます。しかし、仏式の場合は御霊前、御 香典(奠)や御香料が一般的です。

水引・のし

黒白または総銀の結切水引の香典袋を使います。のしはつけません。(法要では黒白よりも総銀、黄白を用いるのが一般的です)

御霊前と御仏前

仏教では、四十九日を境に霊が仏になるとされています。一般的には、四十九日より前に金品を供える時は御霊前、四十九日以降は御仏前とします。初七日に御仏前を用いる地域もあります。

仏式会葬の表書き方

おもに、通夜などに供える金品に用いる。
四十九日以降にお金を供えるときに用いる。
霊前にお金を供えるときに用いる。
お金を供えるときに用いる。
お金を供えるときに用いる。
お金を供えるときに用いる。