株式会社マルアイ   Stationery & Paper Products

のし袋の使い方

ホーム > のし袋の使い方 > 会葬-3(聖職者への謝礼)

会葬-3(聖職者への謝礼)

僧侶に対する謝礼の額は、依頼する段階で決めます。読経と戒名、車代は別にするとか、一括して差し上げるとかのように取り決めます。

葬儀・法要

黒白または総銀の結切水引か白無地ののし袋に「お布施」「お礼」などの表書きをして使います。のしはつけません。又、開眼供養の場合は蝶結びのし袋を用いる地域もあります。

仏壇の購入・お墓の建立の開眼供養

基本的には購入したり建立したりしてお披露目する儀式ですから紅白ののし袋に「お布施」「開眼供養」「御礼」と表書きをします。ただし、年忌法要と一緒に開眼供養した場合は総銀の結切水引を用います。

僧侶への謝礼

開眼供養などのお願いをした時。
僧侶に読経をお願いした時のそのつど渡します。
通夜経後や葬儀終了後のふるまい膳につけなかった時、代わりに渡す。
戒名の謝礼
葬儀、法要、開眼に対する謝礼

神職・神父・牧師への謝礼

教会への献金
教会へのお礼
神父・牧師へのお礼
神式葬儀の時の神職へのお礼