マルアイ Online Shopは、マルアイ製品の一部をセレクトしたショップです

小さな願いを叶えるおまじない

「良いことがあるといいな」の気持ちを暮らしに忍ばせる

おまじない、ってどこか懐かしい響きですよね。誰しも、子どもの頃はよくやっていたのに、大人になるにつれて遠ざかってしまったもの。すごくいいことを望んでいるわけでもなくて、「明日晴れますように」とか「よく眠れますように」とか、とっても気軽な、ちょっとしたお祈りやお願いみたいなもの。
そんなおまじないを、毎日の暮らしの中に、やっぱり気軽な感じで取り入れてみたい——というコンセプトで生まれたのが、「小さな願いを叶えるおまじない」シリーズです。おまじないがモチーフの可愛いイラストがあしらわれたこのペーパーアイテムたち、使うとちょっとだけいいことがあるかもしれませんよ。

4種類のモチーフに共通する、前向きな気持ち

おまじないシリーズのモチーフは、全部で4種類あります。
明日の天気が良くなるようにお祈りしながら作った「てるてる坊主」、叶うかもしれないと慌てて3回お願いごとを唱えた「流れ星」、ぐっすり眠れるようお願いしながら何匹も数えた「羊」、お茶を淹れた際に良いことが起こるかもと嬉しくなった「茶柱」。どれも、人が何かしら行動を取らないと良いことが起きません。
完全に運まかせでもなければ、存在だけで幸せを呼ぶ神様みたいなものでもない。お願いやお祈りを通して働きかけて、良いことが起こることを、ゆるく信じている。その少しだけ前向きな気持ちが、おまじない“らしさ”なんです。

人気イラストレーター鬼頭祈さんの、かわいい絵柄

おまじないが持つやわらかな雰囲気を表現してくれたのは、イラストレーターの鬼頭祈さん。京都造形芸術大学で日本画を学んだ鬼頭さんは、現代的でかわいい絵柄の中に、伝統的な技法の裏打ちがあるのが特徴です。広告や絵本、意外なところではアニメとのコラボレーション・イラストも手がけていて、小さなモチーフが集まって作られるほっこりとした世界観が人気を博しています。見てのとおり、彼女の持ち味はおまじないシリーズでも存分に発揮されていますよね。

様々なシーンで気軽&自由に使える4つのアイテム

日常の様々なシーンで使えるように、おまじないシリーズは「ミニレター」「一筆箋」「付箋」「ロールシール」の4つのアイテムを用意しています。ミニレターに日ごろの感謝をしたためたり、ちょっとした差し入れに一筆箋で気持ちを添えたり、書類に貼った付箋で同僚を応援したり、手帳に貼ったシールで楽しみなイベントをマークしたりと、職場で学校で家庭で、気軽に自由に使ってください。ギフトのデコレーションなんかにもピッタリですし、もちろん誰かのために使わなくてもOKです。おまじないシリーズのかわいいイラストで、自分のノートやスマホをデコレートするのもいいでしょう。

おまじないは誰かや自分へのエールになる

おまじないの根底にあるお祈りやお願いが誰かに向くとき、そこに生まれる気持ちは“エール”が近いのかもしれません。「がんばって」っていうほど強い励ましではなく、「良いことがあるといいね」くらいのゆるい感覚で送られるエールなら、押しつけがましさを感じさせずに相手を応援できるに違いありません。もちろんそのエールを自分自身に送るのもいいでしょう。自身を追い込みすぎることなく、もう少しだけ頑張りたいときにも、きっと役立つはずです。
おまじないシリーズは、誰かとあなたを思いやる優しい気持ちを、そっと後押しします。

ページトップへ戻る