マルアイ Online Shopは、マルアイ製品の一部をセレクトしたショップです

文具歳時記 「葉月」

今月の一句 “お盆玉 渡して生まれる 楽しい会話”

お盆玉

日ごとに暑さが増していくこの時期、待望の夏休みを利用して旅行に出かけたり、帰省したりする人も多いのでは? 実家に帰って家族や親戚、甥っ子や姪っ子たちと会うのは楽しいものですし、そうして人と会う機会が増えると、お心付けやお小遣いを渡すシーンも増えますよね。
そんなときに活躍するのが、「お盆玉」のポチ袋。郵便局や文具コーナーではすっかり夏の常連になっているので、ご存じの方も多いはず。
とはいえ、実はまだ「お盆玉」をよく知らない……なんて方もいるかもしれません。そこで今月は、改めて「お盆玉」についてのご紹介。「お盆玉」にまつわるよくある疑問にお答えしながら、その楽しみ方をお届けします。

Q. お盆玉っていったい何?

「お盆玉」とは簡単に言えば、お盆の季節に渡すお年玉のこと。
家族や親戚と顔を合わすことが多いお盆は、お正月と同じくお金を受け渡す機会が増えるものです。子どものころの夏休みに、帰省先でおじいちゃんやおばあちゃんからお小遣いをもらった記憶がある人も多いでしょうし、大人同士でも、日ごろの感謝を込めてお金を贈るシーンがよくありますよね。
そうしたやり取りを楽しいイベントにしたのが「お盆玉」です。名前を付けることで「お盆玉ちょーだい!」「はい、お盆玉あげる」のようなコミュニケーションが生まれやすくなってほしい。そんな願いが込められて、10年ほど前に産声を上げました。

Q. お盆玉袋ってどんなもの?

お年玉のお盆バージョンということで、「お盆玉」のポチ袋もお年玉と同じように、季節を感じさせるデザインになっています。花火や海、あじさい、風鈴、金魚などといったモチーフをあしらうことで、日本らしい夏を表現。大きいサイズや小さいサイズ、箔押し加工や風合いのある紙などたくさんの種類があるので、選ぶだけでも楽しくなるはずです。私たちマルアイも毎年、その年ごとの特別な絵柄のお盆玉袋を用意しているので、ぜひ手に取ってみてください。

Q. お盆玉袋の使い方って?

メインの使い方は、もちろんお小遣いを入れて渡すこと。帰省してきた子どもや孫、もしくは帰省先で出会う甥っ子や姪っ子に渡すお小遣いをお盆玉袋で包んでください。両親や親戚への日ごろの感謝の気持ちを渡すのにも、うってつけです。
他には、旅先のちょっとしたお土産を小分けにしてわたすのにも便利。夏休み明けの職場でお盆玉袋に入れてお菓子を配れば、物珍しさからいつも以上に会話が弾むはず。旅先で手に入れた小物をプレゼントするのにも、ぜひ活用してみてください。
以上、「お盆玉」にまつわる疑問にお答えしました。「お盆玉」をよく知らなかった人にも、「今年は私もお盆玉を渡してみたい!」と思ってもらえたらうれしいです。
これを機に「お盆玉」とそこから生まれるコミュニケーションを楽しんで、素敵な夏休みを過ごしてください!

ページトップへ戻る