マルアイ Online Shopは、マルアイ製品の一部をセレクトしたショップです

文具歳時記 「神無月」

今月の一句 “秋色の 金封で彩る 華燭の典”

ブライダルシーズン、到来

人生のハレの舞台と言えば、結婚式。ちまたではジューンブライドという言葉も親しまれていますが、結婚式が最も多く挙げられているのが実は秋だって、知っていましたか? 気候も和らいで過ごしやすくなる10月と11月が、ブライダルシーズンの本番となっているんです。
そんな季節ともなれば、式に招待される機会も増えるもの。そこで今回の文具歳時記では、結婚式で必要となる祝儀袋から、落ち着いた秋の季節におすすめの3アイテムをご紹介します。

落ち着いた華やかさ——Brillante

エレガントな印象でパッと目を引く「Brillante(ブリランテ)」。新郎新婦への「華やかに光り輝いて」という想いを、落ち着いたカラーで落とし込まれた瑞々しいフラワーに託した祝儀袋です。ディテールで目を引くのは、派手すぎないゴールドの水引や全体に溶け込むようなシースルーの短冊。華やかさの中に慎ましやかな姿勢が見え隠れする、大人の女性に相応しいデザインとなっています。

日本の婚礼衣装を思わせる——WASOU

その名の通り、伝統的な婚礼衣装である和装をモチーフにした「WASOU(ワソウ)」。紋付袴や白無垢をそのまま祝儀袋にしたかのような遊び心を感じさせるデザインながら、菊や鶴、四菱紋のような縁起のいいモチーフをあしらった本格派でもあります。祝儀袋の中では珍しい黒色も、他にない個性。和装スタイルの披露宴に持参すると、いっそう気の利いた感じになっておすすめです。

祝福の言葉をデザインに——A WORD

新郎新婦へのお祝いの言葉をグラフィックに昇華した「A WORD(ア ワード)」。全4種類でそれぞれ文言が異なり、カリグラフィに合わせた個別のデザインを採用。文字部分は箔押しされ、肩肘張らない雰囲気の中にも高級感を湛えています。加えて、アッシュピンクとベビーピンクでは、四つ葉のクローバーをイメージしたシーリングワックス風の“のし”で世界観を強調。かざらないパーティーから本格的な披露宴まで幅広く対応します。
ひとくくりで祝儀袋と言っても、ここで紹介した3アイテムを筆頭に、現在はいろんなデザインのアイテムがあふれています。新郎新婦との関係性や教会や神社といった婚礼スタイル、挙式の季節に合わせて自分好みの祝儀袋を選べるようになったのは、とてもうれしいことですよね。
大切な家族や友人の門出を迎えるあなたの「細部にまでこだわって祝福の気持ちを余すことなく伝えたい」という想いに応える祝儀袋を、ぜひ見つけ出してください。

ページトップへ戻る