マルアイ Online Shopは、マルアイ製品の一部をセレクトしたショップです

文具歳時記 「師走」

今月の一句 “今年の礼 伝えてスッキリ 晴れ晴れ新年”

年の瀬を機に、日々のお礼を気軽に伝える

師走。一年も大詰めを迎えるこの時期は、お歳暮を贈り合うシーズンでもあります。一年間の感謝をギフトにするお歳暮のように、折に触れてお礼を伝えるのが日本の文化。それに祝儀袋などを通じてずっと寄り添ってきたのが私たちマルアイです。
そんなマルアイから、感謝が行き交う年の瀬にうってつけな3つのアイテムをご紹介。これらを使えば、お歳暮ほど仰々しくないぶん、ずっと気楽にお礼を伝えられるはず。

こころふせん

感謝や思い遣りの気持ちを簡単に伝えられる「こころふせん」。のし紙をモチーフにしたデザインがきちんと感を演出するうえ、「感謝」や「がんばって」、「ほんのきもち」といったたくさんの表書きでいろんな気持ちを表せます。
のし紙はもともと水引を使いやすく簡略化したもの。そののし紙がさらに気楽にアップデートされた「こころふせん」なら、もっとカジュアルにお礼を伝えられるのでは?

おくるみカード

ささやかなギフトに添えるのにぴったりな「おくるみカード」。のし紙を模した帯に包まれているのは、活版印刷を施した独特な風合いの紙でできたカード。手紙よりも気軽に使えるメッセージカードながら、上質で丁寧なイメージを醸し出します。
様々なシーンに対応できるよう、「ありがとう」「おめでとう」「ほんのきもち」の3種に加えて表書きのないアイテムも用意。贈る相手や伝えたい気持ちにふさわしいカードを選んで、気軽なギフトにうやうやしさをプラスしてください。

コミュニケーション在中印/科目印

デザインも書体も見た目は完全にオフィス用なのに、印字されるのはお礼や労いが盛り込まれた文言。そのクスッと笑えるギャップで、オフィスにコミュニケーションを生み出すのが、「コミュニケーション在中印/科目印」です。
差し入れやお土産の袋に「ほんの気持ち」印や「お疲れ様」印を捺したり、「飲み会要請」印を捺したふせんを書類に添えて提出したり。くだけた姿勢でお礼を伝えるささやかな遊び心が、オフィスの堅い雰囲気をグッと和らげるはず。
日々は目まぐるしく過ぎていき、大切な人に感謝する間もないまま気づいたら1年が経っていたりするもの。行く年を振り返る師走は、いったん立ち止まってお礼を伝えるいいタイミングでもあります。今回紹介したアイテムを活用して一年をすっきりと締めくくり、新しい年を晴れ晴れとした気持ちで迎えてください。

ページトップへ戻る