環境への取組み

環境保全体制

環境の保全は、今や企業として当然の経営活動です。マルアイは2002年のISO14001環境マネジメント認証取得に始まり、2008年にはFSC®、PEFCの森林認証を取得しました。
マルアイの製品はこれらの認証が定めた、社会・経済・環境上の規格に合った製品であることが保証されています。そしてCO2削減を目指す省エネを推進し、みなさまの健康な暮らしと安心できる社会の実現に貢献しています。

※FSC/CoC(認証番号:SGSHK-COC-004703)PEFC/CoC(認証番号:SGSJP-PCOC-0464)のマーク

※FSC/CoC(認証番号:SGSHK-COC-004703)
PEFC/CoC(認証番号:SGSJP-PCOC-0464)

環境方針

当社はコーポレートスローガンに掲げた『こころコミュニケーション』を基本理念に、環境の保全向上に考慮した企業行動に徹し、企業として技術的・経済的に管理可能な範囲で人々の健康で豊かな暮らしの実現に貢献します。

行動指針

  • 1. 環境保全向上のため、事業活動の各過程において、資源の有効利用、省エネルギー、資源リサイクルと廃棄物の削減に考慮した活動をすすめます。
  • 2. 環境マネジメントシステムを確立し、自創経営と補完させながら汚染の予防を含めて継続的改善に努めます。
  • 3. 環境保全に関する法的規制・公的基準及びマルアイが同意するその他の協定事項等を順守します。また自主基準を設定し環境保全に努めます。
  • 4. この環境方針に基づき目的・目標の設定を行い、要求事項・保有する環境側面・利害関係者の見解などに基づき見直しを行います。

この方針は当社全社員及び当社に関係する全ての人に周知し、また一般に公開します。

制定 2002年5月1日
【第6回改定 2009年5月1日】
株式会社マルアイ 代表取締役社長 村松道哉

環境活動

FSCの森林認証を2008年に取得

「適切に管理した森から生まれた製品」により、森林を適切に管理し、そのような森林から生産された木材を使って製品を作り、流通させ、世界的な持続的な森林の利用を推進するため、その普及と推進に取り組んでいます。

【展開商品例】
・祝儀袋 ・のし紙 ・はがき ・クラフト封筒 ・賞状用紙

CO2削減の取り組み

本社工場では、CO2の削減への取り組みとして、生産から出荷までの工程において、削減可能な項目を設定して取り組みを行っております。また、全社的な取り組みとして、空調管理の徹底(WBGT値基準)や時間外労働の短縮を意識した活動、営業部門ではエコドライブの推進や車両台数の減車に取り組んでいます。
このような取り組みで、使用電力量は年々削減できています。

コンプレッサー共用運転化

工場2棟で各1機ずつ使用していましたが、現在1機で稼働を行っています。

デマンドコントローラーの設置

デマンドコントローラーを設置することで使用電力の最大需要量を監視し、電気使用量の抑制(ピークカット)を行っています。

LED照明を導入

環境に対する影響を少なくするため、2008年3月からLED照明灯のテスト導入を進めています。
導入当初、採用したLED照明灯は従来の蛍光灯に比べて暗い感じがしましたが、最近導入したLED照明灯は、蛍光灯と比べても遜色ない明るさになっています。消費電力が約50%削減されます。

間伐材の活用

間伐とは、健全な森林を育てるために成長に伴って混みすぎた林の立木の一部を抜き切りすることです。間伐を行わない森林では樹木の生長が鈍く、根を張ることも難しくなります。森林の中は暗いため下生えも生えないので、水源涵養力、土壌保全能力の低い森林になります。
マルアイでは、全国森林組合連合会認定の、間伐材利用により、森林整備・育成に対し貢献していることをあらわす「間伐材マーク」を取得しています。

間伐材マーク